あなたの大事な資産、法的にちゃんと守られていますか?

実は、きちんと登記されていない案件は結構あります。

相談を受けて、不動産の謄本を取ってみると、昭和の始めに売買されてから、所有者が変わっているのにずっと放置されているというのもありました。

では、なぜ登記をせずに放置しているのでしょうか。それは、法務局は敷居が高い、

登記は難しい、めんどくさい、時間がない・・・というのが、その主な理由だと思います。

でも、大丈夫です。

そのご相談、当事務所では承ります。

このまま放置しておくと、大事な売却できなくなったり、相続登記が複雑になります。

孫の代で遺産分割協議の問題が起きると、孫は親の兄弟全員や、さらに、その子どもたち等の関係者全員と協議をしなければならず、連絡だけでも大変になります。

相続登記を放置すると、自分の子どもや孫にややこしい問題を残すことになります。

相続登記は、なるべく早めにしておくことをお勧めします。