抵当権がずっと抹消されずに、放置されている不動産をよく見ます。

銀行から借り入れをする場合や売却をする場合には、必ず抹消することを求められます。

その際の抹消手続きの方法はいくつかあります。

まず、その会社が存続している場合は、完済しているのであれば、現在の代表者に抹消書類を発行してもらえばいいので、手続きは簡単です。

次に、その会社が解散している場合。

この場合は、登記されている清算人に対して、抹消書類を発行してもらえばいいので、手続きは簡単です。

手続きが少し難しくなるのが、個人が抵当権者であるが、その人も行方不明だし、相続人なども全く分からないという状況です。

全く行方が分からないという場合、明治や大正に抵当権を設定してそのまま放置ということをよく目にします。

その場合、債権額が何十円とか何百円であるので、その金額と利息を供託して抹消手続きをすることになります。

抵当権抹消手続きは、神戸市西区の西神中央駅から徒歩2分の岡田直之司法書士事務所でもご相談を承っております。