司法書士が行う業務の1つに遺産照明業務があります。

これは、紛争性のない相続である場合ですが、不動産だけでなく預貯金、株等の名義変更手続きを司法書士が代わりに行うという業務です。

銀行等の相続手続きには手間と時間がかかります。

緊急事態宣言が解除されましたが、銀行等は多くの人が集まるため、コロナウィルス感染のリスクということもあります。

そこで、司法書士に依頼していただくと、相続人の代理人として、金融機関や証券会社等の相続手続きを司法書士が代わりに行うことができます。

当事務所では必要な場合には、税理士等の他の専門家や相続した不動産を売却するための不動産業者等もご紹介させていただくことも可能です。