相続財産を分ける方法は主に2通りあります。

まず、第1に法律で定められている割合に従って財産を分割する場合。

2つ目に遺産分割協議を行い、自由に割合を変更もしくは、単独で特定の相続人に財産を承継させる場合。

しかし、相続人に未成年者がいる場合には、少し事情が異なってきます。

というのは、未成年者は遺産分割協議に参加することができず、未成年者の代わりに家庭裁判所に特別代理人を選任してもらう必要があります。

通常であれば、未成年者の代理人は父親や母親です。

しかし、例えば、父親が亡くなった場合、母親が未成年者の代理人として遺産分割協議をするのでは、母親も相続人として遺産分割協議をするため、子の利益に反してしまうおそれがあるからです。

 

法律で定められている割合に従って、相続させる場合には、このように子の利益に反することがないため、特別代理人を選任せずとも相続財産を分割することができます。