自分の子どもなどの相続人に、余計な負担をかけないために、しっかりと対策をしておく必要があります。

誰でも自分の死ぬことなんか考えたくないですし、死ぬのが何年、何十年先か分からなくても、相続対策は、早すぎるということはありません。

相続対策として、何をすればいいのかは、その人ごとに異なります。

例えば、今のうちからある程度財産を移転させておいて、子どもには相続放棄をさせるといいのか。

相続税がかかるので、保険の非課税枠を使い、保険をかけていた方がいいのか。

相続人とならない孫にも財産を渡したい場合、生前に渡した方がいいのか、亡くなってからがいいのか。

当事務所では、司法書士だけではなく、必要に応じて、税理士などと連携し、その人それぞれに適したアドバイスをすることができます。

相続に関するご相談は、神戸市西区、地下鉄西神中央駅徒歩2分の岡田直之司法書士事務所で承っております。