相続放棄という手続きを行うと、亡くなった人の財産の一切が相続放棄をした相続人にいかなくなります。

亡くなった人の財産には、貯金などのほかに、借金などのマイナスの財産も含みます。

亡くなった人が借金の方が多い場合は、相続放棄の手続きを取ることにより、借金を相続せずに済むことになります。

その他にも、買い手がつかず、固定資産税ばかりかかって、処分することのできない不動産を持っている場合にも相続放棄を使うことができます。

ただ、この場合、生前から少しずつ財産を相続人に移しておく必要があります。

相続放棄をすると、プラスの財産も相続することができなくなるからです。

亡くなった後、相続放棄をする上で、いくつかの注意点があります。

まず、原則亡くなってから3か月以内に相続放棄の手続きをしなければなりません。

3か月という短い期限が決まっているうえに、生前にもすることができません。

次に、相続人は相続財産を処分してしまうと、相続放棄ができなくなります。

相続放棄は、亡くなった後だけではなく、亡くなる前にもしっかり対策をしておくことで、残された相続人が安心して過ごせるようになるのです。