親の遺産は、借金や、売れない山なども含みます。

借金や、売れない不動産を相続しても、相続人にとっては、利益がありません。

そこで、相続放棄という手続きをすることになります。

相続放棄をすると、親のプラス・マイナスの財産の一切を相続しなくなります。

相続財産の一部、山だけ、借金だけを相続したくないということはできません。

また、期間が決まっており「自己のために相続の開始があつたことを知つた時から3箇月以内に」しなければなりません。相続放棄できる期間を知らなかったとしても、原則3か月経ってしまうと相続放棄はできなくなります。

ただ、3か月を経過したとしても、相当の理由があると裁判所が認めた場合は、3か月経過しても相続放棄ができます。

例えば、死亡した人の資産や負債がどれだけあるのかを知ってから、3か月以内であれば、相当の理由があるとして、相続放棄が認められることがあります。

相続放棄の手続きは、神戸市西区、地下鉄西神中央駅徒歩2分、岡田直之司法書士事務所でも取り扱っております。