遺言書には、法律上形式が決められています。

ただ単に、紙に土地を子どもに譲り渡すということだけを書いても、遺言書の効力は生じません。

せっかく遺言書を作成しても、法律上全く効果のない遺言書ということもあります。

そのようなことを防ぐためにも、遺言書の作成は専門家に相談することをお勧めします。

また、遺言書の形式をみたす遺言書を自分で書いた場合でも、財産をもらえなかった子どもたちが、これは親の書いた字ではないと、遺言書の効力を争った事例も数多くあります。

遺言書を作る趣旨は、相続人間の争いを未然に防止するということがあげられますが、このような結果が生じさせてしまっては、遺言書を作成する意味がなくなってしまいます。

万が一でも争いが生じてしまうおそれがあるという場合には、公正証書遺言をお勧めしております。

公正証書遺言とは、遺言者が、公証人と呼ばれる法律の専門家の前で、遺言書の内容を口授し、それに基づいて公証人が、作成するものです。

このように書くと難しく感じられますが、当事務所は、公正証書遺言作成のサポートを承っておりますので、お気軽にご相談して頂けたらと思います。