公正証書遺言は、公証人役場に行けば作成できます。

では、なぜそれを司法書士などの専門家に依頼するのか。

それは、基本的に公証人役場では、依頼された内容でしか作りません。

当事務所の場合、依頼人と詳細に打ち合わせを行い、どの財産をなぜこの人に譲りたいのか、遺留分は大丈夫か、法的に何か問題はないかなどを聞き取って調査し、遺言書に反映します。

また、依頼人の想いから、遺言書に追加した方がいいことなどもご提案もさせていただいております。

遺言執行者を専門家にすることで、後の財産移転の手続きがスムーズに行えます。

当事務所では、ご相談の中で、遺言でできないことがあれば、他の実現できる方法をご提案させていただくので、より依頼者の想いが実現できます。