神戸市西区(西神中央駅西神センタービル5階)の司法書士事務所
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ

ブログ

配偶者居住権

2020年4月1日に配偶者居住権というものが施行されました。 配偶者居住権とは、家の持ち主(例えば夫)が死亡しても、配偶者(妻)が相続開始時点で済んでいる家に住み続けることができるという権利です。 相続財産で財産の大部分 …

司法書士の遺産承継業務

司法書士が行う業務の1つに遺産照明業務があります。 これは、紛争性のない相続である場合ですが、不動産だけでなく預貯金、株等の名義変更手続きを司法書士が代わりに行うという業務です。 銀行等の相続手続きには手間と時間がかかり …

(根)抵当権抹消手続

ローンを完済すると金融機関から抵当権抹消手続きの書類が送られてきます。 ローンを完済しても、お金を借りるときに不動産に設定した抵当権は自動的には消滅しません。 不動産をいざ売ろうとする場合や新たにお金を借りる場合等はロー …

老後に備えて(任意後見制度)

自分の老後に不安を覚えることはないでしょうか。 その不安を解消するため、司法書士が行うことができることの1つに任意後見というものがあります。 任意後見という制度は、財産管理や介護サービスをはじめとする医療看護に関する事務 …

相続放棄とは

相続放棄という手続きを行うと、亡くなった人の財産の一切が相続放棄をした相続人にいかなくなります。 亡くなった人の財産には、貯金などのほかに、借金などのマイナスの財産も含みます。 亡くなった人が借金の方が多い場合は、相続放 …

老後が不安な方へ

最近、よく相談を受けるものに、子どもがいない、もしくは、結婚していないので、老後や自分が亡くなった後のお葬式等が不安である、どうしたらいいのかというご相談を受けます。 まず、認知症になった場合に備えて、任意後見契約を結び …

遺言書を専門家に依頼するメリット

公正証書遺言は、公証人役場に行けば作成できます。 では、なぜそれを司法書士などの専門家に依頼するのか。 それは、基本的に公証人役場では、依頼された内容でしか作りません。 当事務所の場合、依頼人と詳細に打ち合わせを行い、ど …

相続税対策としての遺言書

相続税は、現在3000万円+(相続人×600万円)を超える資産を持っている方に課税されます。 しかし、分割方法を工夫したりすることで、軽減することができる場合があります。 この分割方法の決定は、財産を持っておられる方が亡 …

遺言書のひな形

遺言書を自分で書く場合、次のように書きます。   遺言書 第1条 遺言者は、次の不動産を妻山田春子(昭和11年1月1日生)に相続させる。 所在 神戸市東区元町一丁目 地番 1番1 地目 宅地 地積 101・65 …

ずっと放置している抵当権の抹消手続

抵当権がずっと抹消されずに、放置されている不動産をよく見ます。 銀行から借り入れをする場合や売却をする場合には、必ず抹消することを求められます。 その際の抹消手続きの方法はいくつかあります。 まず、その会社が存続している …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 岡田直之司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.