神戸市西区(西神中央)の司法書士事務所

家族信託

  • HOME »
  • 家族信託

信託とは、委託者が財産を受託者に移転し、受託者は信託の目的に従って受益者のためにその財産の管理・処分を行うという制度です。

例えば、同居している長男夫婦がいるが、息子夫婦には子どもがいない。

長男夫婦が亡くなった後は、自分の血のつながった次男やその子ども(孫)に家を譲り渡したい。

遺言書では、長男に家を譲った後の財産の指定はできません。

さらに、仮に亡くなった後、次男や孫に家の所有権を移すと、長男夫婦が次男(もしくは孫)の家に住まわせてもらっているという、少し後ろめたい状況も生じてしまいます。

このような場合、家族信託を使うと、長男が亡くなった後の財産の帰属先を指定することができます。

お気軽にお問い合わせください TEL 078-778-8111 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 岡田直之司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.